エキシビジョン「Coexistencia Pacífica/平和共存」

内外のアーティストが集まるボヘミアの街、Barranco(バランコ区)。その一角にあるギャラリー「Kambalache」にて、ただいまエキシビジョン「Coexistencia Pacífica/平和共存」が開催中。お招きを頂いていたのにずっと時間を作れなくて、
念願かなってやっと今日行くことができました。

優しい色調、滑らかで伸びやかなライン。すべてが想像の世界のようで、しっかりと写実的な部分もあったりして。描き手の感性の豊かさと共に観察力の鋭さが窺えます。

さて、その若きアーティストの名はKeiko Andoさん。ふふっ♪ 私と同じKeikoさんなんですよ。(でもニックネームは「KiKi」らしい)

ご夫婦で世界約50ヶ国を5年間かけて周り、ここペルーのエネルギーに惹かれて居を構えることを決意されたのだとか。ペルーファン、着実に増殖中。

このお二人がすごいなぁと思うのは、とにかく多才なこと!例えばKiKiちゃんはアーティストであり、ヨガ・マスターであり、元プロ・スノーボーダーでもあります。ご主人のMakotoさんはプロのDJであり、マッサージもされます。ペルーは本人次第で世界がどんどん広がる国。才能あふれる彼らには、無限の可能性が広がっています。

ネパールにも長く暮らしていたお二人。そこで出会ったというパワーストーンを使ったジュエリーもありました。気高く凛と咲く蓮の花をイメージしたそのジュエリーは、周囲の空気を浄化してくれそう・・・。彼女の絵やジュエリーについては、ぜひこちらのサイトをご覧ください。

それにしても。

彼女らがペルーに来られてからの3週間の話を聞いていると、「ああ、ここに導かれている人たちなんだなぁ」としみじみ感じます。自分の目で見て肌で感じて、好きだと思う国に出会えるのは本当に幸せなこと。ましてや、そこに住めるなんて!これからもペルーとの縁を大切に育んでいって下さいね。

彼女たちを支えているギャラリーのオーナー、パトリシアもとてもいい人で。彼女はリサイクル繊維を利用したカバンやエアプランツを飾るのに最適なポシェットというか鉢カバー?を展示販売。このリサイクル素材、とっても興味があります。また色々と教えてもらいたいことができました。

こちらの展示会は来月末まで開催。リマ在住の皆さま、そしてペルーをご旅行される方々、ぜひ足をお運びください!

エキシビジョン「Coexistencia Pacífica/平和共存」
2012年12月13日~2013年1月31日 16:00~20:00p.m.
Kambalache Galeria
Calle 2 de Mayo 157 Barranco, Lima
Tel : 467-0734

あわせてお読みください