クスコのカサ・コンチャ・マチュピチュ博物館

3月3日(土) AB-ROAD海外ガイド記事に「カサ・コンチャ・マチュピチュ博物館とインカ帝国展」が掲載されました!

またまた「インカ帝国展」のご案内で恐縮です(笑) とはいえ、この展覧会は一押しですから!前売り券も絶賛発売中。ぜひインカの素晴らしい文化に触れて下さいませ。

そして。

インカと言えばやはりマチュピチュ遺跡。昨年、北米イェール大学から返還されたマチュピチュ遺跡の遺物の一部がクスコの「カサ・コンチャ・マチュピチュ博物館」で展示されています。

天空の城とも称されるマチュピチュ遺跡と、土器など人々の暮らしを身近に感じさせる品々。そのミスマッチ感が私は好き。インカの人々の笑い声や息使いが聞こえてきそうです。

あわせてお読みください

“クスコのカサ・コンチャ・マチュピチュ博物館” への2件の返信

  1. カサコンチャでググるとカーサ・コンチャというチリワインがずらっと並びますが、
    チリのスペイン語ではカ↑サ↓をカーサと発音するのでしょうか?謎です。

  2. 「casa」を「カーサ」と発音するのは、イタリア語だと思います。日本ではスペイン語をイタリア語的に発音、またはカタカナ表記してしまうミスが目立ちますね。もともと外国語をカタカナで表記すること自体無理があるとは思いますが、スペイン語ではどう考えても「カーサ」にはならないでしょう。チリワインの「casa concha」も「カサ・コンチャ」だと思います。

コメントは受け付けていません。