ミラフローレス区、主要4公園で無料Wi-Fiサービス開始へ

ミラフローレス外国人観光客にも人気のお洒落な街ミラフローレスは、区の中心部などにある4カ所の主要公園に24時間無料で接続可能なWi-Fi設備を設置した。

これは同区が2004年9月に立案し、その後数年間中断されていた「E-ガバメント」キャンペーンの一環として、新たに公共エリアにおける無料通信サービスを開始するもの。

今回対象となったのは、同区中心部のケネディ公園および7 de Junio公園、海辺のマリア・ライへ公園、都市高速沿いのReducto公園の4カ所。同区システム責任者によると、Wi-Fiは各公園のエリア全体をカバーし、パスワードなしでラップトップやスマートフォンの接続が可能になる。個々のユーザーの通信速度は250kbps程度になる見込みで、有害サイトへの接続はできない。

今後はAntonio Raimondi公園、 Clorinda Matto de Turner公園、 Mariscal Castilla公園ならびに恋人たちの公園(いずれもミラフローレス区)にも設置が拡大される予定。

(ソース:エル・コメルシオ)

これからはケネディ公園の木陰でスマホ、なんて光景があたりまえになるのでしょうが、くれぐれもひったくりや置き引きにはご注意ください。

あわせてお読みください