リカルド・パルマ書籍フェア

10月21日(金) 月刊ダイヤモンド・ザイに「格付け『BBB』へ昇格!高成長と低インフレを実現させるペルーに注目!」が掲載されました!

今月の特集は、「老後の赤字を黒字にするサバイバル術!」だそうです。私の年齢じゃ公的年金はもうあてにならないし、海外にいるから円高は歓迎だけど、ドル安すぎてこちらでの生活は大変だし・・・(涙)見本誌が送られてきたら、じっくり読まなきゃ~って思っています。。。

★★★★★★★★★★

今年も「リカルド・パルマ書籍フェア」に行ってきた。この時期恒例の書籍フェア、去年は日本からの友達と一緒に行ったな。あれからもう1年かぁ~、月日が経つのは早すぎる・・・。

私にはずっと探していた本があった。友人宅で一目見た時からずっと欲しくて、随分長いこと借りていたものだ。もう絶版らしく、近所の本屋に聞いても在庫はおろか「そんな本、知らないなぁ」と言われる始末。だから、この書籍フェアで見つからなかったらもう無理かなと思っていた。そしたらなんと!一番最初に入ったお店で見つけちゃったの~♪

随分すすけちゃってるけど、もともと古い本だしそれは仕方がない。ただなんでも「コピー」の国だから、古くても本物なのかどうかが問題だ。さっそく本を開いて、破けていないか、ページが跳んでないないかをチェック。すると、

libro.JPG途中のページが上下逆になってる!しかも諸聖人や宗教画に関するページ。おいおい、ここはカトリックの国やろ?店のオヤジに「どうやって読むのよ~」といったら、「ああ、逆さにして読めばいいんだ」と。的確なアドバイス、ありがとう。

もう少しこう、なんというか、申し訳ないっつうか・・・ そんな気持ちがある訳ないか(苦笑)でもその分を少しまけてくれるとのこと。値段も良心的だったし、なかなかいいオヤジだ。念のため他の店も訪ねて回ったが、やっぱりどこにもなかった。最初の店に戻ると、あのオヤジが「おっ、戻ってきたな」と笑いながら袋にその本を入れてくれた。

こうして念願のレア本を手に入れた私。絶版&熱烈な購入希望者という売り手にとってオイシイ状況だったので吹っかけられるかと心配したけど、そうでもなかったし。他にも一部装丁のいい加減なページがあったから、もともと不良品扱いの本だったのかもしれない。それを廃棄せず、店の奥にずっとしまっていたのだろう。ふふっ なんだかペルーらしいなぁ。

その他にもリマの歴史関係の本を2冊買い、充実した1日だった。買うのは易し、読むのは難しなんだけどね(苦笑)「東京名物:神田古本祭り」ならぬ、「リマ名物:リカルド・パルマ書籍フェア」。11月1日まで、ミラフローレスのケネディ公園で開催中です。

あわせてお読みください

“リカルド・パルマ書籍フェア” への8件の返信

  1. 昨日、このフェリア行ってきました!!割引してくれるので写真集とか買いたかったんだけれど、今週は泥棒余波で節約中のため、来週以降に検討します。11月1日の物語読み聞かせ会にも参加する予定です~

  2. 泥棒余波・・・(涙) その後ドキュメント類は再発行できたのかな。本当に災難だったね、元気出して。11月1日は諸聖人の日だね。お休みなの?また飲もうね~!

  3. 書籍フェアいいですねぇ。きっといろんな本があるんでしょうね。魅力的です。
    ダイヤモンド・ザイの記事拝見しましたよー。今後のペルー、期待大ですね!!

  4. ブックフェア!よろしね~
    日本は次から次へと出版されてはあっちゅう間に絶版のくりかえし…
    こんなんでいいのかなぁ(いや良い訳はナイ)と、思います。
    悪びれもせず「ひっくり返して読めばいい」った本屋オヤジ…いい味だしてますな(苦笑)

  5. 記事を読んで下さってありがとう!執筆中はペルー株式も微妙な動きで心配したんだけど、今はまたぐんぐん上昇中。その分対ドルレートも上昇で、ドル預金の価値減は激しいものがありますが(涙) もうすぐ来秘、楽しみですね~!

  6. ペルーもアッと言う間に廃版、絶版になっちゃうよ。。。そう考えると古本屋の存在は偉大だね!さすがに日本だったら一部上下逆さの本は、市場に出る前に廃棄されちゃうだろうけど(笑) 探し求めていた本だから、おやじのあほなコメントも許せるわ♪

  7. 書籍フェア、楽しそうですね。
    念願の本が手に入ってよかったですね。

コメントは受け付けていません。