ペルー北東部アマゾン地域でM7の地震

ロレト州本日午後12時46分(ペルー時間)、ロレト州ウカヤリ県のアマゾン川流域にあるコンタマナの南東44kmを震源とするマグニチュード7の地震が発生しました。

この地震により首都リマを始めペルー国内の広範囲で比較的強い揺れが観測され、その後13時46分にもプカルパ付近でこの地震の余震とみられるM5.3の揺れが記録されています。しかしながら震源が地表から149kmという深い位置であったため大事には至らず、今のところ死者や目立った物的被害は報告されていません。

(ソース:RPP他)

あわせてお読みください