イカ旅行 地震後のイカ市街

さてタクナから15時間ちょっとのバスに揺られ、到着したのはイカの街。ここはリマから300kmほど南にある、砂漠のオアシスの街であります。

まずはホテルへ移動。ホテルに着いたもののチェックインまで数時間あるし、でも疲れていて観光などする気にもならないし、どうしようかと思ってたら「部屋が空くまで、他の部屋を使ってていいよ」と、親切にも一部屋あけて寝かせてくれた。こういうペルー人の杓子定規じゃないところが好き。

ブーゲンビリアとブドウが絡み合っててきれい♪

少し眠ってお昼に起きた。暑いからプールに行って、のんびりしよう。お腹も空いたな。プールサイドのレストランで何か食べれるだろう…と思ってボーイに聞いたら。「今、コックがバカシオネスに行ってて休みなんですよーだからレストランはお休みなんですー」と。確かに決めごとでがっちりしてないところがペルーのいいところだけどさ。バケーション時期にコックがバケーションにいっちゃってお客はどーすんのよ?「あ、その辺のポジェリア(鶏の炭火焼屋)で、デリバリー取れますよ」

はいはい、お客も臨機応変にね。適当なホテルだが、さすがにビールはあった。デリバリーするとポテトが湿気るから、ちょっと不満なんですが… 仕方無し。今回の旅行で一番ゆっくりした日だった。いいねぇ、プール、いいねぇ、ビール♪

夕方涼しくなってから、市内散策。2007年8月15日のイカ・ピスコの大地震の爪跡はまだ街のあちこちに残されている。

アーケードの屋根がすべて落ちている。きれいに建て直された建物の横で、今にも崩れそうなままの壁が。

タクシーのおっちゃんに聞くと「イカはレンガの建物が多いからマシだったんだよ。ピスコみたいにアドベの家が多いと、全部潰れちまうんだ」って言ってたけど、どう見てもこちらも相当な被害だったろうと思う。観光客が来ないと困るから、そう言ってるのかもしれないけど…観光関係はもう大丈夫だけど、庶民の復興にはまだまだ時間が掛かるようです。

ルレン教会。高い塔が中ほどで折れてしまったそうだ。写真で見るより被害はもっと大きかったようで、今はこの教会は閉ざされたまま、中には入れないし復興計画もないそうな。それでもイカの人々に愛されてきた教会なので、取り壊しもしないんだって。いつまでもあの時の痛みと犠牲者への追悼の気持ちを忘れないようにって事かな。

教会の中もぐちゃぐちゃになってしまったけど、中にあったルレンのキリスト像はまったく無傷だった。イカの人たちの心のよりどころであるこのキリスト像は、
今は教会のすぐ脇にある小さな建物に安置されている。イカの守護聖人であるルレンのキリストは、南米らしく褐色の肌をしてます。

例え店が潰れてしまっても、露天でも商売はできる。活気にあふれた街角、どんな状況でもみんな逞しく生きてます。

あわせてお読みください